洗顔

重曹洗顔の危険性とは?肌トラブル前に知っておきたいデメリット

この記事では重曹洗顔の危険性について解説します。

重曹で洗顔するのをおすすめするような情報もありますが、重曹とは元々”油汚れの掃除”などに使われる物質です。

そのため、重曹洗顔が良いとは断言できません。

そこで本記事は、重曹洗顔の危険性やデメリット、実際に使った人の口コミなど、様々な観点から深掘りしていきます。

まずは重曹洗顔のデメリットから解説していくので、肌トラブルのリスクを避けたい方は、このまま読み進めてみてください!

Contents

重曹洗顔は危険!?肌トラブル前に知っておくべき3つのデメリット!

重曹洗顔の3つのデメリット
  1. ピリピリとした痛みを感じる点
  2. 研磨効果で肌を傷つけてしまう点
  3. ニキビなどの肌荒れを悪化させる点

重曹洗顔の3つのデメリットについて、上記のようにまとめてみました。

上記を見れば分かる通り、敏感肌やニキビがある人は、重曹洗顔によって肌トラブルを起こす可能性が高いかもしれません。

重曹洗顔の仕組みとともに、肌へ及ぼす危険性を詳しく紹介していくので、初めて重曹洗顔に挑戦するという方は、必ず目を通しておきましょう!

デメリット①:ピリピリとした痛みを感じる点

重曹洗顔のデメリット1つ目は、ピリピリとした痛みを感じる点です。

というのも重曹洗顔は弱アルカリ性の性質を持っており、表面の皮膚を溶かしてしまいます。

皮膚が分厚い方なら問題ありませんが、敏感肌の方だと顔に痛みが残る可能性があるんですね。

そのため重曹洗顔は「万人受けする美容法ではない」とも言われています。

デメリット②:研磨効果で肌を傷つけてしまう点

重曹洗顔のデメリット2つ目は、研磨効果で肌を傷つけてしまう点です。

重曹には小さな粒子が含まれており、これが肌に摩擦を与えることで、肌荒れの原因になったりします。

人によっては赤みが続いたり、日常生活に支障をきたすことも。

しっかりと泡立てて、優しく扱ってあげないといけないので、スキンケアをパパッと終わらせたい方には向いていないかもしれません!

デメリット③:ニキビなどの肌荒れを悪化させる点

重曹洗顔3つ目のデメリットは、ニキビなどの肌荒れを悪化させる点です。

ニキビなどの肌荒れを起こしているときは、肌の免疫が弱っている状態ですよね。

そこで重曹洗顔を使ってしまうと、健康な肌以上に刺激を感じ、ニキビの治りを阻害してしまいます。

ニキビや肌荒れケアに重曹洗顔を試すのはデメリットの方が多いので、避けておく方が無難でしょう。

実際に重曹洗顔を使ってみた人の口コミを調査しました!

この章では、実際に重曹洗顔を使ってみた人の口コミを調査してみました。

最初に重曹洗顔の良い口コミを2つ、その後に悪い口コミを2つ見ていきますね。

またこれらの口コミを元に、重曹洗顔に潜む危険性や、私なりの考えについてもお伝えしていきます。

「重曹洗顔に興味はあるけど、肌が弱い自分にも使えるのか心配…」そう考えている方は、こちらの内容をしっかり確認しておきましょう!

良い口コミ①:顔がツルッツルになる!

まずは重曹洗顔の良い口コミを紹介します。

こちらの方は肌がツルッツルになったとのことで、かなり満足しているようですね。

もし肌が硬くてゴワつきやすい肌質であったり、顎や鼻周りなど部分的に使うのであれば、重曹洗顔が合うかもしれません。

良い口コミ②:重曹洗顔で肌荒れしなくなった!

こちらの方は重曹洗顔で肌荒れしなくなったとのことです。

おそらく相当角質が溜まっており、肌がゴワついていたんだと思います。

重曹洗顔にはピーリング効果があるので、化粧水が浸透しにくかったり、謎の肌荒れを繰り返すという方は、1度試してみてもいいんじゃないでしょうか。

悪い口コミ①:黒ずみは全部消え去るけど乾燥が…

続いて、重曹洗顔の悪い口コミを見ていきましょう。

黒ずみとかは全部消える分、洗浄力が強いため、想像以上に顔の皮脂が持ってかれるとのことです。

脂性肌や20代の皮脂がドバドバ分泌される肌質なら問題ないかもしれませんね。

悪い口コミ②:顔が痛すぎてピリピリ止まらない

この方は薬局やドラッグストアなどの店員さんなのかな?

重曹洗顔をしたらピリピリが止まらなくなり、薬を買いたいという人がお店に来たようです。

重曹洗顔のデメリットで解説したとおり、重曹は水に溶かすとアルカリ性になり、肌を溶かすことで洗浄していました。

私は正直、人にオススメするような美容法ではないかなと感じますね…。

肌トラブルを避ける重曹洗顔の正しいやり方をお伝えします!

重曹洗顔の正しいやり方
  1. 洗顔料をしっかり泡立てる
  2. 泡立てた洗顔料に重曹を加える
  3. 泡を肌に乗せて優しく洗う
  4. ぬるま湯で洗い流す

肌トラブルを避けるためには、以上の手順で重曹洗顔を行いましょう。

いつも通り洗顔料を泡立ててから、重曹をひとつまみ加えるだけなので、誰でも実践できるでしょう。

またワンポイントアドバイスとして、洗顔をする前に湯船で全身を温めておくと、重曹洗顔の効果を感じやすくなります!

顔の毛穴がしっかり開いてくれるので、確実に毛穴汚れを除去したい方は、ぜひ試してみてください♪

やり方を間違えると危険!重曹洗顔の注意ポイント3つ!

重曹洗顔の注意ポイント3つ
  1. 絶対擦らずに洗顔をすること
  2. 工業用・掃除用の重曹は使用しないこと
  3. 洗顔後は入念に保湿を行うこと

重曹洗顔の注意ポイントは、上記の通り全部で3つあります。

これらを理解せずに重曹洗顔を行うと、ほぼ確実に肌トラブルが起きてしまいます。

詳しく知っておかないと危険なので、特に知っておきたい注意ポイントから順に解説していきますね。

「とりあえず重曹を加えていつも通り洗顔すればいいんでしょ?」こう考えているのであれば、必ず最後まで目を通しておきましょう!

注意ポイント①:絶対擦らずに洗顔をすること

重曹洗顔の注意ポイント1つ目は、擦らずに洗顔をすることです。

というのも重曹には研磨効果があり、泡を転がす感じで使わないと、簡単に肌が傷ついてしまうんですよね。

1番大事なポイントなので、肌が弱い強い関わらず、いつも以上に”優しく洗うこと”を心がけて下さい!

注意ポイント②:工業用・掃除用の重曹は使用しないこと

続いての注意ポイントは、工業用・掃除用の重曹を避けることです。

工業用・掃除用の重曹は粒が大きく、肌を傷つけるリスクが高いので洗顔に使用するのはNG…!

重曹洗顔の場合は、食用の重曹を使うようにしましょう。

例えば「ふくらまし粉・ベーキングパウダー」あたりが良いと思います。

製菓コーナーで販売されているので、探してみてくださいね。

注意ポイント③:洗顔後は入念に保湿を行うこと

重曹洗顔の注意ポイント3つ目は、洗顔後の保湿を入念に行うことです。

重曹洗顔は一般的な洗顔よりも洗浄力が高く、肌が乾燥しやすくなるので洗顔後の保湿は必須!

いくら正しい重曹洗顔のやり方を実践したとしても、アフターケアを怠っては全てが台無しになります。

できればいつもの化粧水ではなく、シートマスクなどを用いて、より保湿に特化したスキンケアを取り入れるようにしましょう!

【敏感肌向け】重曹洗顔を使わない毛穴ケアを紹介します!

ここまで重曹洗顔の危険性やデメリットなどを解説してきましたが、肌が弱い人には重曹洗顔が向いていないことが分かったはずです。

そこで敏感肌の方は”重曹洗顔以外の毛穴ケア”として、ととのうみすとを検討してみてはいかがでしょうか?

ととのうみすととは毛穴に特化した洗浄スプレーで、下記のようなメリットがあります。

  • スプレーを吹きかけて30秒で汚れを落とす
  • 65種類の酵素が美肌菌をサポートしてツヤツヤ肌へ
  • 毛穴の目立ちを抑えて化粧ノリを改善する

従来の洗顔のようにゴシゴシ洗わないのが特徴で、肌を傷つけずに毛穴汚れを除去してくれる、新感覚のアイテムなんですよね。

毛穴トラブルを解消しながら、ツルツルもちもちの肌を目指したい方は、ぜひととのうみすとを使ってみてください。

ととのうみすと公式サイトには、毛穴が目立たなくなったという口コミが多数掲載されています。

重曹洗顔よりも肌に優しい毛穴ケアを探している人は、こちらからととのうみすと公式サイトを確認しましょう!

毛穴レスの素肌へ!ととのうみすと公式サイト!

重曹洗顔のよくある4つの疑問に回答します!

ここでは重曹洗顔のよくある4つの疑問に回答していきます。

自分の肌悩みとマッチする項目があれば、そこから優先的にチェックしてみてください!

Q1:重曹洗顔にピーリング効果は期待できますか?

重曹洗顔はスクラブ洗顔と同じようなピーリング効果を期待できます。

普通の洗顔では除去できない角質のゴワつきまでアプローチすることができるでしょう。

Q2:毛穴で悩んでいる人にも重曹洗顔は効果的ですか?

重曹洗顔は毛穴で悩んでいる人こそ効果的ですね。

もちろん毛穴自体を小さくすることはできませんが、毛穴に詰まった汚れをゴッソリ取り除き、目立たないようにしてくれます。

Q3:毎日重曹洗顔してもいいんですか?

重曹洗顔を毎日するのはオススメしません。

なぜなら重曹洗顔にはピーリグンと同じ効果があり、やりすぎると本来必要な角質まで取り除いてしまうからです。

肌のバリア機能が弱まるだけでなく、肌荒れも起こしやすくなるので、重曹洗顔は週1くらいがベストだと思います!

Q4:ニキビ肌の人も重曹で洗顔して大丈夫ですか?

重曹洗顔はニキビ肌の人も使って大丈夫ですが、オススメはしません。

なぜなら重曹による研磨効果でニキビの炎症を悪化させるリスクがあるからですね。

ニキビケアは刺激を与えないことが重要なので、変わった美容法は取り入れないようにしましょう。

重曹洗顔の危険性についてまとめ

この記事のまとめ
  • 重曹洗顔は研磨効果があるため敏感肌の方は注意
  • ニキビや肌荒れ時は重曹洗顔を試さない方がベター
  • 工業用・掃除用の重曹は使用しないこと
  • 重曹洗顔の後は入念に保湿をして肌を休ませる!
  • 重曹洗顔は顔がツルツルになるけど皮脂もなくなる

本記事では上記のように重曹洗顔の危険性からデメリット、正しい重曹洗顔のやり方について紹介してきました。

重曹洗顔は合う人と合わない人がはっきり分かれる美容法なので、無理に続ける必要はないと思います。

もし1回でも肌の様子がおかしいと感じたらすぐに中止し、ととのうみすとなどを使った、低刺激のケアに変更すると良いでしょう。

この記事を参考に、自分に合った毛穴ケアのやり方が見つかれば嬉しく思います!