洗顔

洗顔で泡を放置|泡パックのリスクを知って正しい洗顔方法

この記事では洗顔で泡を放置するのは大丈夫なのか、徹底解説していきます。

結論から言うと、洗顔で泡を放置するのは正しい美容法ですが、少しだけ注意点もあります。

間違った泡パック洗顔を続けてしまうと、肌荒れに繋がるおそれも…。

泡パック洗顔の効果やリスクなどを順番にお伝えしていきますので、最後まで読んでこれからのケアに役立ててください♪

泡パック洗顔が効果的な2つの理由とは?

泡パック洗顔が効果的な2つの理由
  1. 汚れが落ちやすくなるから
  2. 肌の刺激を減らしてくれるから

顔で泡を放置するのが効果的な理由を上記にまとめました。

洗顔でトラブルが起きやすい原因は、ゴシゴシすることによる摩擦なので、それを避けれるのが嬉しいですね。

2つの理由をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

理由①:汚れが落ちやすくなるから

洗顔で泡を放置するのが効果的な理由の1つ目は、汚れが落ちやすくなるからです。

泡自体に汚れを落としてくれる役割がありますから、わざわざ手でこすらなくても、泡を放置するだけで肌が綺麗になるんですよね。

むしろ泡を放置するだけで、チリやホコリ花粉、古い角質など、ピンポイントで汚れを除去してくれるので、非常に優秀だと言えるでしょう。

理由②:肌の刺激を減らしてくれるから

2つ目の理由は、肌の刺激を減らしてくれるからです。

洗顔で泡を放置すると、摩擦のリスクがほとんどなくなります。

つまり肌に必要な油分や水分を残しながら、刺激を与えずに洗顔することができるのです。

洗顔したあとに肌がつっぱるという方は、試す価値があると言えるでしょう。

泡パック洗顔をする時は注意!2つのリスクを紹介!

泡パック洗顔2つのリスク
  1. 生え際などに洗い残しが出ること
  2. 濃度によっては乾燥してしまうこと

洗顔で泡を放置する”泡パック”には、以上の2つのリスクがあります。

肌の強い・弱い関係なく、誰にでも上記のリスクには注意が必要です。

2つのリスクについてそれぞれ解説していきますので、これから泡パックをしようか迷っている方は、しっかり確認しておきましょう。

リスク①:生え際などに洗い残しが出ること

リスクの1つ目は、生え際などに洗い残しが出ることです。

キメ細かい泡を作れば作るほど、頭皮などの生え際に泡が入り込んでしまい、流し忘れるという事態が発生します。

そこから肌トラブルに繋がり、赤く炎症を起こすことも…。

泡パックを洗い流すときは、手で水をすくうのではなく、シャワーを使うようにしましょう。

リスク②:濃度によっては乾燥してしまうこと

洗顔で泡を放置する時のリスク2つ目は、泡の濃度によっては乾燥してしまうことです。

泡を作る際、洗顔フォームの量に対して水の量が少ないと、かなり濃い泡ができてしまいます。

この状態で泡パックをしてしまうと、刺激が強すぎて乾燥肌を促すことも。

しっかり水を使いつつ、適当な濃度の泡を作るように意識してみましょう。

正しい泡パック洗顔の方法を4ステップで解説!

正しい泡パック洗顔の方法4ステップ
  1. 手と顔を水で濡らしてから泡立てる
  2. 泡を顔に乗せて1分間放置する
  3. 水圧を弱めたシャワーで洗い流す
  4. 肌を保湿する

毛穴汚れに最適な正しい洗顔方法4ステップは上記のとおりです。

もちろんこれ以外にも工夫しようと思えば色々できますが、まずは基本型を抑えておきましょう。

全部知っているという方も、改めて確認するつもりでお読みください。

ステップ①:手と顔を水で濡らしてから泡立てる

まず泡立てる前に、手と顔を水で濡らしておきましょう。

顔や手に付いた雑菌を洗い流し、清潔な状態で洗顔する必要があるからです。

また肌馴染みや泡立ちも良くなるので、適度に濡らすまたは、湯船に浸かってから洗顔を始めましょう。

ステップ②:泡を顔に乗せて1分間放置する

続いて、泡を顔に乗せて1分間放置します。

ただし絶対1分にする必要はなく、1分以内であればどのタイミングでやめても大丈夫です。

もし、いつもより肌が敏感になっているなら30秒にしたり、しっかりケアしたいなら1分にしてみたり。

自分の肌状態と相談しながら実践してみましょう。

ステップ③:水圧を弱めたシャワーで洗い流す

次のステップは、水圧を弱めたシャワーで洗い流します。

ここでのポイントは洗い残しを防ぐために、手ではなくシャワーを使うことですね。

水圧を弱めたシャワーであれば、肌を傷つける心配はないので、顔の隅々まで洗い流してください!

ステップ④:肌を保湿する

最後のステップは、肌を保湿することです。

もちろん今お持ちの化粧品でも問題ありませんが、より美肌効果を極めたいのであればエトヴォスアルティモイストラインを検討してみてもいいんじゃないでしょうか。

ヒト型セラミドとナイアシンアミドのW効果で、肌が乾燥しやすい人こそ、効果を感じやすくなります。

例えば、下記のような肌トラブルがあるのであれば要チェックです。

  • お手入れしても手応えがない
  • いつでも乾燥している
  • 肌表面のごわつきを常に感じる

使用感満足度98.5%のエトヴォスアルティモイストライン。

ぜひ圧倒的なうるおい体験を、大人の満ち肌を目指してみてくださいね♪

うるおい吸い付く!エトヴォス公式サイト!

泡パック洗顔のNGポイントを3つお伝えします!

泡パック洗顔のNGポイント3つ
  1. 水温が高すぎること
  2. 洗顔の時にゴシゴシこすってしまうこと
  3. 長時間泡パックをやること

泡パック洗顔のNGポイントは以上の3つです。

上記のようなやり方で泡パック洗顔をしてしまうと、どれだけ高級な美容液・化粧水を使っても、意味がなくなってしまいます。

洗顔はスキンケアの全てを支える基盤になるので、自分の洗顔方法と比較しながら、読み進めてみてください!

NGポイント①:水温が高すぎること

泡パック洗顔のNGポイント1つ目は、水温が高すぎることです。

水温が高すぎると、必要な皮脂まで流れ出てしまい、肌がカサカサになってしまいます。

せっかく泡パックで優しく洗顔したのが台無しになるので、36℃くらいを目安にしましょう。

NGポイント②:洗顔の時にゴシゴシこすってしまうこと

続いてのNGポイントは、泡パック洗顔の時にゴシゴシこすってしまうことです。

肌は表面の古い角質だけ除去できれば十分きれいにになるので、手でこする必要は一切ありません。

むしろバリア機能が低下して肌荒れを促すなどの”悪い影響”しかないので、泡で優しく撫でるように行ってくださいね。

NGポイント③:長時間泡パックをやること

最後のNGポイントは、長時間泡パックをやることです。

パックと聞くと、長くやればやるほど肌に良さそうなイメージがありますが、どれだけ長くても1分が最長です。

1分以上泡パックをやると、洗い流した後に肌のつっぱりやカサカサ感が出る可能性があります。

特に慣れていないうちは、短い時間の泡パックから始めて、徐々に肌を慣らしていきましょう!

泡パック洗顔をおすすめする人の2つの特徴!

泡パック洗顔をおすすめする人の特徴
  1. ニキビがあるorできやすい人
  2. スキンケアが好きで時間をかけられる人

泡パック洗顔をおすすめする人の特徴は上記の2つです。

もちろん、これらの項目に当てはまらない人も泡パック洗顔を実践してもらってOKです。

なぜ、上記のような人には泡パック洗顔が有効なのか、それぞれお伝えしていきますね!

特徴①:ニキビがあるorできやすい人

泡パック洗顔をおすすめする人の特徴1つ目は、ニキビがあるorできやすい人です。

なぜならニキビができやすい人は、肌が敏感な状態になっており、ちょっとした刺激も避けないとダメだからです。

赤く炎症したニキビがある時は、なるべく指で触れないように注意しないといけません。

そんな肌状態こそ、洗顔時に泡を放置して洗い流す方法がピッタリなので、ぜひ真似してみてください♪

特徴②:スキンケアが好きで時間をかけられる人

2つ目の特徴は、スキンケアが好きで時間をかけられる人です。

泡パック洗顔は時間がかかる上に、気を付けるべきポイントも多いです。

しっかり泡立てるのはもちろん、泡を付けて待つ時間も必要です。

洗い流すときは水圧を弱めたシャワーを使う必要がありますし、水温まで気にしないといけません。

なるべくスキンケアに時間をかけず、サクッとケアしたい方は、次の章で紹介する”泡立てない洗顔フォーム”を使ってみると良いでしょう!

泡パック洗顔が面倒な方は”泡立てない洗顔フォーム”を検討しよう!

ここまで泡を放置することのメリットなどをお伝えしてきました。

ですが、そもそも泡立てるのが面倒だったり、短時間でスキンケアを済ませたい方もいるはず。

そんな時は、泡立てない新感覚の洗顔フォームのプルエスト検討してみるといいかもしれません。

プルエストは泡洗顔ではなく保水ジェルという新素材を採用しています。

  • 洗顔なのに潤いを与えて逃さない
  • くすみや小鼻の黒ずみがごっそり綺麗に
  • 洗い上がりのツヤが圧倒的
  • 日本だけでなく韓国でも人気のアイテム

以上のような特徴があり、泡洗顔よりも刺激が少ないので、敏感肌で泡パックが合わなかったという方も、安心して使えるんですよね。

時間をかけずに肌をツルツルにして美肌効果を高めたい方は、下記の公式サイトをしておきましょう!

新感覚の洗顔!プルエスト公式ページ!

泡パック洗顔をしても大丈夫なのかまとめ

本記事のまとめ
  • 泡を放置すると汚れが落ちやすい
  • 肌の刺激は減るが乾燥するリスクも
  • 洗い流すときは水圧を弱めたシャワーで
  • ニキビと泡パック洗顔の相性はかなり良い
  • 泡立てない洗顔フォームを使ってみるのも◎

今回は上記のような内容について解説してきました。

洗顔で泡を放置しすぎると逆効果になることもあるので、長時間やらないことが1番大切です。

肌がヒリヒリしてくる前に必ず洗い流すようにしましょう!

本記事が参考になれば幸いです。