口元

口の下の角栓が気になる!あのザラザラをツルンとキレイにする方法

この記事では口の下の角栓をキレイにする方法について解説します!

口の下がザラザラしていると化粧ノリが悪くなるし、結構厄介なんですよね。

しかし肌をツルツルにしたいからと言って、自己流のケアしを続けていても、中々症状は改善しません。

口の下の角栓をツルンとキレイにして、素肌に自信を持ちたい方は、ぜひここでお伝えする方法を参考にしてみてくださいね♪

口の下の角栓をキレイにする方法を4ステップで紹介!

口の下の角栓をキレイにする方法
  1. ホットタオルで顔を温める
  2. クレンジングでマッサージをする
  3. クレイ洗顔を使用する
  4. セラミド化粧水で保湿する

口の下の角栓をキレイにする方法4ステップは上記のとおりです。

長い間、口の下の角栓に悩んでいる方だと、皮脂がギチギチに固まって除去しにくくなっています。

いつものスキンケアにひと手間加える必要があるので、あのザラザラをツルンとキレイにしたい方は要チェックです!

口の下の角栓をキレイにする方法の、各ステップを1つずつお伝えしていきますね!

ステップ①:ホットタオルで顔を温める

最初はホットタオルで顔を温めます。

こうすることで角質が柔らかくなり、口の下の角栓が取れやすくなるからです。

正直この工程が1番大事だと言ってもいいでしょう。

電子レンジを使えば30秒ほどでホットタオルが作れるので、必ず取り入れてくださいね。

ステップ②:クレンジングでマッサージをする

次にクレンジングでマッサージをします。

指をクルクルと回しながら、口の下の角栓にクレンジングを馴染ませていきましょう。

顎を軽く伸ばすと、汚れが取れやすくなるのでおすすめです。

ただし長時間マッサージをすると肌が乾燥するため、1分以内に終わらせてください!

ステップ③:クレイ洗顔を使用する

クレンジングを落としたら、クレイ洗顔を使用しましょう。

クレイ洗顔はクレイ(泥)を配合した洗顔のことで、届きにくい毛穴の奥の汚れまでゴッソリ取ってくれます。

ただし低品質のクレイ洗顔だと口の下の角栓だけでなく、肌に必要な潤いまで除去してしまうんです。

そこで、肌に負担をかけずに口の下の角栓をケアするためにもクリーミューを使うのが理想ですね。

クリーミューは高い吸着力と洗浄力を持っているのに、肌の負担を最小限に抑えた洗顔フォームで、以下のようなメリットがあります。

  • 海洋由来のミネラルで肌の保湿力UP
  • 7種類の美容保湿成分で透明感のある肌へ導く
  • 口の下の角栓や鼻の黒ずみまで気にならなくなる

普通の洗顔では手に負えない頑固な角栓を分解してくれるので、これは使ってみる価値があるでしょう♪

今度こそ本気で口の下の角栓をキレイにしたい方は、下記の公式サイトを確認してみてくださいね。

ツルツルの顎へ!クリーミュー公式サイト!

ステップ④:セラミド化粧水で保湿する

口の下の角栓をキレイにする最後のステップは、セラミド化粧水で保湿することです。

セラミドは肌の潤いをキープしてくれる”美肌に欠かせない成分”のことで、肌のキメを整えたり、バリア機能を正常にする役割もあります。

つまりクレイ洗顔で口の下の角栓を除去した後、セラミド化粧水でたっぷり保湿をして、再発を防ぐイメージですね!

ただ市販のセラミド化粧水は、セラミドの配合量が少なくあまり効果を期待できないので、もし可能なら乳酸菌ローションを使用したいところ。

この化粧水はセラミド以外にも6種類の保湿成分を配合しており、ハリ・ツヤが目に見て分かるようになります。

あとは口の下の角栓ができにくくなるだけでなく、以下のような嬉しい効果も♪

  • バリア機能が高まり肌荒れしにくくなる
  • 美肌菌を育てて-5歳肌を目指せるようになる
  • 化粧水&乳液がセットでスキンケア代を節約できる

口の下の角栓をキレイにするだけでなく、肌のトーンやキメ細かさをワンランクあげたい方は、下記の公式サイトを確認しておきましょう!

ケタ違いの潤い!乳酸菌ローション公式サイト!

口の下の角栓を悪化させる3つのNG行為!

口の下の角栓を悪化させるNG行為
  • メイク落としを後回しにすること
  • 何度もゴシゴシ洗顔すること
  • 手で口の下の角栓を取ること

口の下の角栓を悪化させる3つのNG行為を上記にまとめました。

これらのNG行為は口の下の角栓だけでなく、様々な肌トラブルの原因に繋がります。

「自分は絶対大丈夫!」と自信がある方も、改めて確認するつもりで読み進めてみてくださいね。

NG行為①:メイク落としを後回しにすること

口の下の角栓を悪化させるNG行為1つ目は、メイク落としを後回しにすることです。

メイクの汚れは口の下の角質を作る1番大きな要因と言っても過言ではありません。

皮脂とメイク汚れが混ざり合うことで、口の下のザラザラ感がどんどん悪化するんですよね。

メイク落としを後回しにせず、帰宅後すぐにオフするように心がけましょう!

NG行為②:何度もゴシゴシ洗顔すること

2つ目のNG行為は、何度もゴシゴシ洗顔することです。

口の下の角栓が目立つとき、どうしてもゴシゴシして強めに洗顔したくなります。

しかしその行為は肌の乾燥を促して、余計に大きな角栓を作ってしまうだけです。

口の下のザラつきが気になる時こそ、優しくふんわりと洗顔してあげましょう!

NG行為③:手で口の下の角栓を取ること

NG行為の3つ目は、手で口の下の角栓を取ることです。

爪が皮膚を傷つけたり、手の細菌によって肌トラブルを起こすリスクがあるので、絶対にやらないようにしましょう。

正しいケアを続けていれば、ターンーオーバーによって自然と角栓も取れていくはず。

できるだけ手を触れないのが、口の下の角栓を治すコツですね。

口の下の角栓を予防する4つのポイントを伝授!

口の下の角栓を予防するポイント
  • 良質な睡眠を取ること
  • 脂質や糖分を摂り過ぎないこと
  • 肌を優しく扱うこと
  • ホルモンバランスを整えること

口の下の角栓を予防する4つのポイントは上記のとおりです。

実は生活習慣と口の下の角栓って、密接に関わっているんですよね。

即効性はないかもしれませんが、長期的に見ると大きな差が出てくるので、必ずチェックしておきましょう!

ポイント①:良質な睡眠を取ること

口の下の角栓を予防するポイント1つ目は、良質な睡眠を取ることです。

睡眠不足が続くと肌のゴワゴワ感やニキビなど、口の下の角栓に留まらず、色んな悪影響が出てきます。

質の良い睡眠で肌の修復をサポートするためにも、寝る前はリラックスすることを意識してくださいね。

ポイント②:脂質や糖分を摂り過ぎないこと

2つ目のポイントは、脂質や糖分を摂り過ぎないことです。

脂質や糖分ばかり食べていると、皮脂の過剰分泌によって新しい角栓ができやすくなります。

ビタミンB6やビタミンAを豊富に含んだ魚や緑黄色野菜を摂取するようにしてみましょう。

口の下の角栓は、除去するだけでなく、作らせにくくする努力も大事です!

ポイント③:肌を優しく扱うこと

口の下の角栓を予防するポイント3つ目は、肌を優しく扱うことです。

洗顔の時だけでなく、化粧水をつけるときも、肌をこすらないようにするのが基本ですね。

摩擦によって皮膚が薄くなると、肌荒れや乾燥がどんどん悪化します。

その結果より大きい角栓ができてしまい、スキンケアだけでは対処できない恐れもあるので、くれぐれも注意してください!

ポイント④:ホルモンバランスを整えること

4つ目のポイントは、ホルモンバランスを整えることです。

実はホルモンバランスって、肌の水分量や皮脂量をコントロールしているんですよね。

ホルモンバランスが崩れるだけで、口の下に角栓が溜まりやすくなったり、肌のコンディションと直結しています。

口の下の角栓や、ニキビ、吹き出物ができやすい方は、低用量ピルを検討してみてもいいんじゃないでしょうか。

口の下の角栓が治らない時は医療機関へ行きましょう!

ここまでの口の下の角栓ケア法で症状が改善しない場合は、医療機関へ行きましょう。

スキンケアにも限界がありますし、口の下の角栓を確実に治したいのであれば、専門的な治療が必要です。

例えば角栓には、以下のような治療が効果的だと言われています。

  • ハイドロピーリング
  • ケミカルピーリング
  • ダーマペン

ただしこれらの治療は一般的な皮膚科ではなく、美容クリニックでしか受けられないんですよね…。

もしどのクリニックを選べばいいかわからない方は、全国に122院も展開している業界最大手の湘南美容クリニックを見ておけば失敗しないはず。

信頼と実績はズバ抜けているので、本格的な治療で口の下の角栓をゼロにしたい方は、近くにクリニックがあるかだけでも確認しておきましょう♪

圧倒的な!湘南美容クリニック公式サイト!

口の下の角栓ケアまとめ

本記事のまとめ
  • 普通の洗顔ではなくクレイ洗顔を使おう
  • セラミド配合の化粧水を選ぶのが理想
  • 手やピンセットで角栓を取るのは絶対NG
  • 角栓予防には睡眠や食生活を見直すのが効果的
  • どうしても口の下の角栓が治らない時は医療機関へ

今回は上記のような内容について解説してきました。

口の下の角栓は人によって原因が異なるので、これが絶対正しい!というケアはありません。

今回お伝えしたケア方法や、NG行為、予防策を意識しても治らなかった場合は、医療機関も検討してみてくださいね。

本記事が参考になれば幸いです!