口元

唇の荒れを一晩で治すスペシャルケアに使いたい5つのおすすめリップ

この記事では唇の荒れを一晩で治す方法についてお伝えします。

大事な予定を控えている時に限って、なぜか唇が荒れてしまうんですよね。

さらに唇はデリケートな部分ですし、独学でケアするのもおすすめしません。

唇荒れの症状が悪化しないように、安全で即効性のあるリップクリームやケア方法を紹介するので、ぜひ最後まで確認しておきましょう♪

唇の荒れを一晩で治すおすすめリップベスト5!

商品名 部類 特徴
第1位:リリップキュア 医薬品 口唇のひび割れ・皮むけを治す
第2位:メディカルリップnc 医薬品 荒れた唇をしっかり治療
第3位:モアリップN 医薬品 5つの成分が唇荒れに速効
第4位:薬用リップクリーム敏感肌用 医薬部外品 低刺激でやさしいつけ心地
第5位:リップケアバーム 医薬部外品 潤いのベールで朝まで保護

唇の荒れを一晩で治すおすすめリップベスト5を上記に厳選しました。

上の3つは唇の荒れがひどくて、ひび割れ、皮むけを治したい方向け。

下の2つは少し唇の荒れが目立っており、主に保湿ケアをしたい方向けです。

表中の商品名をタップすれば、各アイテムの詳細がチェックできるので、ご自身の症状に合わせて選んでみてくださいね。

第1位:リリップキュア

商品名 部類 特徴
第1位:リリップキュア 医薬品 口唇のひび割れ・皮むけを治す

唇の荒れを一晩で治すリップ第1位は、リリップキュアです。

5つの有効成分が配合されており、唇のひびわれ、唇のただれなど、ほぼ全ての唇荒れをカバーしてくれます。

密着力のある使用感ですが、メントールは使用されていないので、幅広い世代の方に使っていただけるでしょう。

ただし医薬品なので、直接薬局に行って購入しなければなりません。

Amazonでも購入できないので、リリップキュアを検討している方は注意してくださいね。

第2位:メディカルリップnc

商品名 部類 特徴
第2位:メディカルリップnc 医薬品 荒れた唇をしっかり治療

唇の荒れを一晩で治すリップ第2位は、メディカルリップncです。

こちらもリリップキュアと同じ医薬品で、5つの有効成分が配合されています。

リリップキュアとは違い、ジェルっぽい感じでプルンと潤うのが特徴です。

ベタつき感を抑えて、荒れた唇をしっかり治療したい方はメディカルリップncを購入しましょう!

第3位:モアリップN

商品名 部類 特徴
第3位:モアリップN 医薬品 5つの成分が唇荒れに即効

続いて第3位は、モアリップNです。

こちらも5種類の有効成分が配合された医薬品で、即効性を売りにしていますね。

その分成分が強すぎて、逆に唇が荒れてしまったという方もいました。

唇から出血していたり、口角が切れいている方にもおすすめしたい”唇ケアの救世主”になるでしょう。

第4位:薬用リップクリーム敏感肌用

商品名 部類 特徴
第4位:薬用リップクリーム敏感肌用 医薬部外品 低刺激でやさしいつけ心地

第4位は、薬用リップクリーム敏感肌用です。

こちらは医薬部外品なので、唇の荒れがひどい時に使うのは推奨しません。

いつもより唇が乾燥していて、カサカサ感が気になる方が使うべきアイテムですね。

ものすごく低刺激で保湿力も抜群に良いので、滑らかさを重視したい方にはピッタリでしょう♪

第5位:リップケアバーム

商品名 部類 特徴
第5位:リップケアバーム 医薬部外品 潤いのベールで朝まで保護

唇の荒れを一晩で治すリップ第5位は、リップケアバームです。

これも医薬部外品で、唇荒れを治す商品ではありません。

リップケアバームの最大のポイントは、セラミドが配合されているという点ですね。

寝る前にひと塗りするだけで、ふっくらとした潤いある唇に導いてくれます。

普段のひび割れを防いだり、唇のゴワつきを改善したい方は購入必須でしょう。

唇の荒れを一晩で治すケア方法を伝授します!

ここまで唇の荒れを一晩で治すリップクリームを紹介しました。

もちろんリップを塗るだけでも効果はありますが、確実に唇の荒れを治したい方は唇パックも行いましょう。

唇パックとは、唇に残った角質や皮を除去し、リップを塗った後にラップでパックするというもの。

唇に有効成分が届きやすくなるため、単にリップを塗るよりも治療効果UPを期待できるんです。

詳しい唇パックのやり方はこちらの記事で解説しているので、本記事とセットで確認しておきましょう!

唇の荒れを防ぐ6つの対策術を紹介します!

唇の荒れを防ぐ6つの対策術
  1. ハチミツやワセリンを塗ること
  2. 唇の舐めぐせをやめること
  3. リップを早めに落とすこと
  4. 唇の紫外線対策を行うこと
  5. 身体を冷やさないこと
  6. 唇の保湿を意識すること

唇の荒れを防ぐ6つの対策術は上記の通りです。

こちらは即効性があるわけではないので、普段のケアで取り入れるのをおすすめします。

全部実践できたら理想ですが、まずは1つの習慣を長く続けられるように心掛けましょう!

今まで唇のケアをしてこなかった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

対策術①:ハチミツやワセリンを塗ること

唇の荒れを防ぐ対策術1つ目は、ハチミツやワセリンを塗ることです。

ハチミツやワセリンには唇を保護する働きがあるため、唇が荒れる前のケアとして使用できます。

特にハチミツには、ビタミンB群やアミノ酸などが含まれており、理想の唇へ導いてくれるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

対策術②:唇の舐めぐせをやめること

2つ目の対策術は、唇の舐めぐせをやめることです。

なめた瞬間は唇が潤いますが、唾液とともに水分が蒸発し、最終的には乾燥を悪化させます。

さらにこの舐めぐせが続くと「なめまわし皮膚炎」という別の皮膚疾患になるおそれもあるんです。

無意識に唇をなめないように注意しておきましょう。

対策術③:リップを早めに落とすこと

続いての対策術は、リップを早めに落とすことです。

口紅やリップティントは欠かせないメイクアイテムですが、染料といった唇に負担をかける成分が配合されています。

もし唇のメイクを落とさずに寝てしまうと、唇が乾燥するだけでなく、色素沈着する可能性まで…。

帰宅したらなるべく早く、唇のメイクをオフするのが大事ですね。

対策術④:唇の紫外線対策を行うこと

対策術の4つ目は、唇の紫外線対策を行うことです。

意外に思うかもしれませんが、唇も紫外線の影響を受けます。

むしろ唇はバリア機能が低いため、紫外線のダメージを受けやすく、乾燥を引き起こしやすいんです。

UVリップを使うなどして、唇荒れを回避しましょう。

対策術⑤:身体を冷やさないこと

唇の荒れを防ぐ対策術5つ目は、身体を冷やさないことです。

身体が冷えると血行の流れが悪くなり、唇の乾燥や血色の悪さに影響を与えます。

湯船にゆっくり浸かったり、温かい物を飲むだけでグッと唇の状態が良くなるので、ぜひ実践してみてください♪

対策術⑥:唇の保湿を意識すること

最後の対策術は、唇の保湿を意識することです。

スキンケア時に化粧水や乳液を唇にも塗ることで、唇が荒れにくくなります。

普段使っている化粧水でも問題ないのですが、唇が荒れやすい人は、低刺激で保湿に定評がある乳酸菌ローションを使うのがベストですね。

乾燥しがちな唇だけでなく、小じわや表情じわにまでアプローチしてくれる”高機能スキンケア化粧品”となっています。

乳酸菌ローションのその他のメリットは下記の通りですね。

  • 翌朝になっても肌のプルプル感が続く
  • 唇の乾燥やゴワつきを予防できる
  • 美肌菌を育て肌自ら潤いを作り出すようになる

荒れにくい唇を手に入れて、毎日メイクやオシャレを楽しみたい方は、下記の公式ページを確認しておきましょう!

唇荒れを防ぐ!乳酸菌ローション公式ページ!

唇の荒れを一晩で治す方法まとめ

本記事のまとめ
  • 唇の荒れを一晩で治すには医薬品がおすすめ
  • 保湿重視のケアなら医薬部外品でもOK!
  • ラップを使った唇パックも効果的
  • 唇の舐めぐせは1番にやめるべき
  • 唇の紫外線対策も意識したいポイント

今回は上記のような内容について解説してきました。

唇は代謝が活発なので、自分の症状に合ったリップを塗れば一晩で治すことができます。

さらに効果を高めたい場合は、ラップを使った唇パックも試してみてくださいね。

本記事が参考になれば幸いです。