美容液

ビーグレンは授乳中に使用可能?産後ママが使っても大丈夫なのか徹底解説!

この記事では、ビーグレンの授乳中の使用についてまとめています。

結論から言うと、ビーグレンは授乳中にも使用することが出来ます。

理由としては、公式サイトに明記されているからです。

ただし、ビーグレンの美容液の中には、授乳中には避けた方が良いと言われる成分も入っています。

授乳中には避けた方が良い成分は何か、その成分が入っているのはビーグレンのどの商品なのかなどもお伝えしていきます。

また、授乳中でも安心して使えるビーグレン商品も紹介しますね。

ビーグレンの授乳中の使用についての不安を解決した人は、この記事を読み進めてください。

ビーグレンを授乳中に使用することは基本的にはOK!

画像引用:ビーグレン公式サイトよくある質問 より

冒頭でもお伝えしましたが、ビーグレン商品を授乳中に使用することは、基本的にはOKとされています。

上記画像でも分かるように、ビーグレン公式サイトでも明記されています。

上記画像は、ビーグレンQuSomeホワイト2.0に関しての質問の答えですが、QuSomeホワイト2.0以外にも同じ質問がいくつかありました。

QuSomeホワイト2.0以外も全て同じ回答で、授乳中の使用も可能だと明記されていたので、基本的には問題ないと言って良いでしょう。

授乳中での使用が可能なスキンケアセットを手に入れたい人は、下記ビーグレントライアルセットの詳細をご確認くださいね。

ビーグレントライアルセットの詳細はこちら!

授乳中の使用が心配される成分はハイドロキノン※1

授乳中の使用が心配される成分に、ハイドロキノン※1があります。

ビーグレンには、このハイドロキノン※1が配合された商品があるのです。

ハイドロキノン※1には、メラニンを合成するメラノサイトの働きを抑える作用があり、美白効果が期待できるとされています。

しかし、高い効果が期待できるだけあって、刺激性も強く、授乳中などのデリケートな時期には注意が必要な成分なのです。

このハイドロキノン※1が配合されているビーグレンの商品について詳しくみていきましょう。

※1:整肌成分

ハイドロキノン※1が入っているビーグレンの各商品と特徴を紹介!

商品名 使用されているハイドロキノン
ビーグレンQuSomeホワイト2.0 純ハイドロキノン※1
ビーグレンQuSomeパワーブライト 安定型ハイドロキノン※1

ハイドロキノン※1が入っているビーグレンの2商品について、どんなハイドロキノンが使われているのかを表にしました。

ビーグレンQuSomeホワイト2.0・QuSomeパワーブライト共に、美容液に分類される商品です。

ビーグレンQuSomeホワイト2.0は、ナノテクノロジーを活用した浸透技術QuSome®︎とハイドロキノン※1を融合した速攻型ハイドロキノン※1で肌にアプローチしてくれる、夜専用の美容液になっています。

ビーグレンQuSomeパワーブライトは、ハイドロキノンを安定化させたアルブチン(別名:ハイドロキノン誘導体※1)を配合し、昼間でもブライトニングケアができる美容液です。

両者共に、ハイドロキノン※1が入っている美容液ですが、それぞれのハイドロキノン※1には違いがあります。

ビーグレンQuSomeホワイト2.0とビーグレンQuSomeパワーブライトに含まれているハイドロキノンについて、それぞれ詳しく見ていきましょう!

※1:整肌成分

ビーグレンQuSomeホワイト2.0に配合されているのは純ハイドロキノン※1

ビーグレンQuSomeホワイト2.0に配合されているハイドロキノン※1は、純ハイドロキノン※1です。

純ハイドロキノン※1は、不純物が混ざっていないため、漂白効果が高いのが特徴。

ただし、漂白効果が高い分、成分の安定性は低く、肌への刺激は強いとも言えます。

市販化粧品のハイドロキノン※1濃度は、1〜3%ぐらいのものが多く、4〜5%ぐらいのものはまれにあるくらいです。

ビーグレンQuSomeホワイト2.0には、純ハイドロキノン※1濃度が2.0%で配合されています。

ビーグレンQuSomeホワイト2.0美容液は、それほど刺激が強いタイプではないことが分かりますね。

※1:整肌成分

ビーグレンQuSomeパワーブライトに配合されているのは安定型ハイドロキノン※1

ビーグレンQuSomeパワーブライトに配合されているのは、安定型ハイドロキノン※1です。

安定型ハイドロキノン※1とは、純ハイドロキノン※1と他の成分を合成して作られたハイドロキノン※1のことを言います。

ビーグレンQuSomeパワーブライトには、この安定型ハイドロキノン※1であるアルブチン(別名:ハイドロキノン誘導体)が配合されています。

安定型ハイドロキノン※1は、純ハイドロキノン※1に比べると効果は弱くなりますが、比較的刺激が少なく肌に浸透しやすいのが特徴。

安定型ハイドロキノン※1入りの化粧品は、初めてハイドロキノン※1入りの化粧品を使う場合や刺激が強いのが合わない人には、比較的使いやすい成分です。

ビーグレンQuSomeパワーブライトは、QuSomeホワイト2.0より更に刺激も弱く、安心して使える美容液だと言えますね。

※1:整肌成分

ハイドロキノン※1入りの商品を使った場合の心配される副作用とは?

ハイドロキノンの使用で心配される副作用
  1. 皮膚の炎症や白斑
  2. 体調不良
  3. 発がん性

ハイドロキノン※1入りの商品を使った場合には、以上のような副作用が心配されます。

ビーグレン商品のハイドロキノン※1濃度はそれほど高くないので、上記のような副作用が起こる可能性は低いでしょう。

しかし、ハイドロキノン※1についてしっかり理解しておくためにも、どんな副作用があるのか確認しておきましょう。

副作用①:皮膚の炎症や白斑

考えられる1つ目の副作用は、皮膚の炎症や白斑です。

皮膚に赤みが生じ、ヒリヒリと痛みを感じたり、かぶれることがあります。

更に、ひどい場合は、白斑になってしまう可能性もあるようです。

白斑とは、肌の色が白く抜けてしまう症状です。

強いハイドロキノン※1の作用で、肌の色素を作る細胞が破壊され、肌の色が作られなくなってしまうことで起こります。

しかし、ハイドロキノン※1濃度が4〜5%以下で白斑ができたというような事例はないようなので、濃度が高くない限り極端に心配する必要はなさそうです。

※1:整肌成分

副作用②:体調不良

考えられる2つ目の副作用は、体調不良です。

詳しい症状としては、めまい・頭痛・吐き気・息切れ・けいれん・おうと・耳鳴りなど様々。

ただ、この体調不良の症状に関しては、ハイドロキノン※1を口にした場合に起こる可能性のある症状です。

顔や体に塗布するだけでは起こらない症状ですので、ビーグレン美容液を口に入れてしまわない限り、心配はいりません。

自分は勿論のこと、授乳中の方であれば、赤ちゃんの口にも入らないように注意しましょう!

副作用③:発がん性

考えられる3つ目の副作用は、発がん性です。

動物実験によって、ハイドロキノン濃度が5%のものに発がん性が指摘された結果の報告があります。

しかし、国際がん研究機関(IARC)では「ヒトに対する発がん性については分類できない物質」と定義しています。

よって、まだ現段階では、ヒトへの影響ははっきりは分かっていないというのが現状のようです。

ビーグレン美容液のハイドロキノン※1濃度は2.0%ですので、発がん性のリスクはかなり低いと考えて良いでしょう。

※1:整肌成分

ハイドロキノン※1の授乳中の使用についての2つのチェック事項

授乳中にハイドロキノンを使用する場合には、チェックしておいて欲しいことがあります。

ビーグレンを授乳中に使用する場合、特に確認したい項目は2つです。

それぞれ詳しくお伝えしていきますので、ビーグレンの使用に不安がある産後ママはしっかり確認しておきましょう。

ハイドロキノン※1は正しく使えば危険性が低い

ハイドロキノン※1を使用した際の副作用をお伝えしましたが、そもそも市販品のハイドロキノン※1濃度は4%以下のものが多いので心配ありません。

ハイドロキノン※1をクリニックで出してもらう場合は、医師の元、適切な使用の範囲で処方されるので尚更です。

ハイドロキノン※1は、刺激も強く心配される部分もある一方、美白効果への期待が高い成分です。

正しい用法容量をしっかり守って使用すれば、副作用のリスクも低く、安全に効果を感じられ成分だと言えるでしょう。

※1:整肌成分

授乳期の赤ちゃんへのハイドロキノン※1による悪影響は低い

授乳期の赤ちゃんへのハイドロキノン※1による悪影響については、低いと考えて良いでしょう。

それは、先程のハイドロキノン※1による副作用でお伝えしたように、副作用としては、皮膚に対する炎症が多いからです。

ハイドロキノン※1入りの美容液を肌に塗り、肌から血液に入り母乳に流れてしまう可能性は0ではないとしても、人体に影響が出てしまう危険性は低いです。

以上のことから、授乳中にビーグレンのハイドロキノン※1入り美容液を使ったとしても、赤ちゃんへの悪影響はかなり低いと考えて良いでしょう。

それよりも、赤ちゃんが万が一口にしてしまわないように、保管や管理には十分注意するようにしてくださいね!

※1:整肌成分

ハイドロキノン※1入りのビーグレンを授乳中に使用するのが心配なら一旦お休みしよう!

前述の通り、ハイドロキノン※1入りのビーグレン商品は授乳中の使用も可能です。

しかし、ハイドロキノンを処方しているクリニックでも、授乳中の人にはハイドロキノンの処方を一旦お休みするクリニックも多いようです。

授乳期は、精神的にも肉体的にもデリケートな時期だと思います。

ハイドロキノン※1入りのビーグレン美容液を使って、不安になったり心配になると精神衛生上もよくありません!

安全だから大丈夫だと割りきれる人は良いですが、悩んでしまうくらいなら、授乳中にハイドロキノン※1入りのビーグレン美容液を使うのは一旦お休みしましょう。

無事に卒乳してからまたケアし始めれば良いのではないでしょうか。

とにかく授乳期は、ストレスのかかることををなるべく減らして、リラックスしてくださいね。

授乳中にもおすすめのビーグレン美容液を紹介

授乳中にもおすすめのビーグレン美容液
  • ビーグレンCセラム
  • ビーグレンQuSomeレチノA

ビーグレンには授乳中にもおすすめできる美容液もあります。

ビーグレンの美容液は4種類あり、上記の2つにはハイドロキノン※1は入っていません。

授乳中にハイドロキノン※1入りのビーグレン美容液をお休みする場合は、上記の美容液に変更してみるのはどうでしょうか。

ビーグレンCセラムは、ピュアビタミンCがたっぷり配合された美容液で、皮脂バランスを整えながら肌の内側からすこやかな肌へと導いてくれます。

ビーグレンQuSomeレチノAは、3種類のレチノール(ビタミンA)とビタミンEを配合したハイブリット処方で、肌荒れ・たるみ毛穴・乾燥による小じわのケアに適しています。

ビーグレンCセラムやQuSomeレチノAでしたら授乳中でも気兼ねなく使えますね!

※1:整肌成分

ビーグレンのトライアルセットには授乳中も使えるCセラムとQuSomeレチノA入り!

【ビーグレン7day Special Set プログラム5】

セット内容 クレイウォッシュ(25g)
クレイローション[医薬部外品](12mL)
Cセラム(5mL)
QuSomeレチノA(5g)
QuSomeモイスチャーゲルクリーム(7g)
価格 1,100円(税込)
セット内容の概算価格 6,585円(税込)
割引率 83%OFF相当
送料 無料
約7日分

上記は、ビーグレンの7日間トライアルセットの内容をまとめた表です。

トライアルセットには、先程紹介したビーグレンCセラムとQuSomeレチノAの両方が入っています!

ビーグレンCセラムとQuSomeレチノAでしたら、授乳中でも心配や不安なく使える美容液です。

しかも、この美容液の他に洗顔・化粧水・クリームの全部で5点が7日分入って1,100円(税込)でお試しできるんです!

内容的にも、6,585円(税込)相当のものが入っているのでかなりお得にお試しできますよ。

授乳中はデリケートな時期ですし、自分の肌に合うかどうかを試せるのは嬉しいですね!

授乳中でも心配なく使用できるスキンケアのトライアルセットを試したい人は、下記のビーグレントライアルセットの詳細を確認してください。

ビーグレントライアルセットの詳細はこちら!

ビーグレンの授乳中の使用についてまとめ

この記事のまとめ
  • ビーグレンを授乳中に使用することは基本的にはOK!
  • 授乳中の使用が心配される成分はハイドロキノン※1
  • 授乳期の赤ちゃんへのハイドロキノン※1による悪影響は低い
  • 授乳中にもおすすめのビーグレン美容液は2種類ある
  • ビーグレンのトライアルセットには授乳中も安心して使える美容液入り!

以上のような内容をお届けしました。

ビーグレンは、基本的には授乳中の使用も可能です!

しかし、ハイドロキノン※1の影響を心配し不安になってしまうくらいなら、使用を一旦お休みしましょう。

授乳中は、ハイドロキノン※1が配合されていないビーグレン美容液、CセラムやQuSomeレチノAを使ってみてください。

ビーグレントライアルセットなら、7日分で1,100円(税込)とかなりお得にお試しできますよ!

授乳中でも気兼ねなく使用できるスキンケアセットをお得に手に入れたい人は、下記ビーグレントライアルセットの詳細をご確認ください!

ビーグレントライアルセットの詳細はこちら!