洗顔

ベビーパウダー洗顔とは?口コミや危険性などをまとめてみました!

この記事ではベビーパウダー洗顔の危険性について解説していきます。

実際にベビーパウダー洗顔を行っている人の口コミを踏まえて、洗顔にベビーパウダーを使用するのをおすすめ出来ない理由などお伝え!

まずはベビーパウダー洗顔の効果から紹介してきますので、実践しようか迷っている人は最後までしっかりチェックしていってくださいね。

ベビーパウダー洗顔について再確認!どんな効果が期待できるのか調査!

ご存じの方も多いと思いますが、まずはベビーパウダー洗顔の概要や効果について再確認していきましょう。

ベビーパウダー洗顔とは、いつもの洗顔フォームにベビーパウダーを混ぜて使うというスキンケア法です。

2019年にTwitterでバズったのですが、そのツイートはなんと10万いいね以上も獲得しています。(下記参照)

このツイートによると、ベビーパウダー洗顔を実践することで次のような効果を期待できるようです。

  • ニキビが消える
  • 毛穴も引き締まる
  • 肌がツルツルになる

また高い商品を揃える必要がなく、ベビーパウダーと洗顔フォーム合わせて1,000円ちょっとなので、若者にも注目されています。

次の章では、ベビーパウダー洗顔で本当に上記のような効果を得られるのか、実際に使った人の口コミを紹介していきますね。

実際にベビーパウダー洗顔を試した人の口コミを紹介します!

ここでは、実際にベビーパウダー洗顔を試した人の良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

肌質によって個人差はあると思いますが、ザッと見た感じベビーパウダー洗顔は、悪い口コミの方が多そうです。

まだベビーパウダー洗顔を試したことがない人は、他の人のリアルな声をしっかりチェックしておいてくださいね。

良い口コミ①:洗い上がりが変わって超絶感動した

1つ目の口コミを上記に引用してきました。

洗顔後、毛穴がキュッと引き締まった感じがして、化粧水を入れた後の触り心地が全然違ったようです。

洗っている最中は分からないかもしれませんが、洗い上がりに感動できるかもしれませんね!

良い口コミ②:ニキビと美白にも効果的

ベビーパウダー洗顔の口コミ2つ目を上記に抜粋してきました。

この方は美白やニキビにも効果を感じたみたいで、なんと化粧水にまでベビーパウダーを混ぜていたんです。

私の個人的な見解ですが、これはベビーパウダーに配合されたコーンスターチとタルクと呼ばれる鉱物が、物理的に肌を白くしているだけでは?と感じました。

以上、ベビーパウダー洗顔の良い口コミを紹介しましたが、続いて悪い評価の口コミを引用していきますね。

悪い口コミ①:油分が落ちすぎてカサカサが気になる…

ここから、ベビーパウダー洗顔の悪い口コミを紹介していきます。

読んでもらえば分かるとおり、この方はベビーパウダー洗顔をしてから、肌がカサカサするようになったとのことです。

そもそもベビーパウダーとは、皮脂や汗を吸着して、赤ちゃんのあせも・かぶれを防ぐために肌へ塗るアイテムなので、乾燥してもおかしくありません。

顔全体に使うのは問題があるんじゃないかなと思います。

悪い口コミ②:毛穴が詰まりまくってやべーことに…

ベビーパウダー洗顔への2つ目の悪い口コミです。

たしかにベビーパウダー洗顔の洗い上がりは良く感じるんだけど、実際は毛穴に小さな粒子が詰まっているだけで、後々やべーことになる、とのことです。

これはかなり正しいことを言っていて、美容に詳しい方はほとんどベビーパウダー洗顔を支持していません。

私も反対派なので、次の章では”ベビーパウダー洗顔をオススメしない理由”について深掘りしていきます。

悪い口コミ③:ベビーパウダー洗顔で翌日顔が真っ赤に

悪い口コミの3つ目はコチラ。

肌が綺麗になるどころか赤く炎症を起こしてしまい、肌トラブルに陥ったようです。

もし正しい使用方法でこのようになってしまえば、何かしらメーカーに訴えることができるんですが、ベビーパウダー洗顔の場合は難しいでしょう。

トラブルが起きても自己責任なので、デメリットの方が大きいかと思います。

ベビーパウダー洗顔は危険!おすすめしない5つの理由とは?

ベビーパウダー洗顔をおすすめしない5つの理由
  1. 顔の汚れが落ちにくくなるから
  2. ベピーパウダーが毛穴に入り込んでしまうから
  3. スクラブ洗顔の方がコスパに優れているから
  4. 洗顔フォームの泡立ちが悪くなるから
  5. 医学的根拠のない誤った使用法だから

ベビーパウダー洗顔をおすすめしない理由について、上記にまとめてみました。

ここまでベビーパウダー洗顔に期待できる効果や口コミを紹介してきましたが、正直オススメしません。

悪い口コミや反対意見の方が多かったですし、ベビーパウダー洗顔で肌トラブルが起きるのは珍しくないようです。

具体的にどんな危険性やデメリットがあるのか徹底的に解説していくので、必ず全ての項目に目を通しておきましょう!

理由①:顔の汚れが落ちにくくなるから

ベビーパウダー洗顔をおすすめしない理由の1つ目は、顔の汚れが落ちにくくなるからです。

ベビーパウダーを使うと肌の表面にラップのような膜ができてしまい、洗顔フォームの洗浄力が発揮できなくなります。

本来ベビーパウダーは肌を保護する物なので、洗顔時に使うのは相性が悪いと言えるでしょう。

理由②:ベビーパウダーが毛穴に入り込んでしまうから

2つ目の理由は、ベビーパウダーが毛穴に入り込んでしまうからです。

先ほどの口コミにもありましたが、肌が白っぽく毛穴がなくなったように見えるのは、ベビーパウダーが毛穴を埋めているだけなんですよね。

美肌へ生まれ変わったように感じるかもしれませんが、それは一時的な効果です。

ベビーパウダーが毛穴に入り込んだ状態を放置すると、ニキビや毛穴の黒ずみを悪化させる要因になるので、必ず覚えておきましょう。

理由③:スクラブ洗顔の方がコスパに優れているから

ベビーパウダー洗顔をおすすめしない3つ目の理由は、スクラブ洗顔の方がコスパに優れているからです。

ベビーパウダー信者の中では「パウダーが水を吸着して球状になることでスクラブ効果もある!」という説が広まっています。

しかしこれは全く根拠がなく”イメージの話”をしているだけなんですよね。

変にベビーパウダー洗顔でスクラブ効果を期待するより、最初からスクラブ入りの洗顔料を買った方がコスパはいいかなと思います。

理由④:洗顔フォームの泡立ちが悪くなるから

おすすめしない4つ目の理由は、洗顔フォームの泡立ちが悪くなるからです。

これは実際の口コミにもあったのですが、洗顔フォームとベビーパウダーを混ぜるとほとんど泡立たなくなり、洗顔しにくくなります。

さらにシャバシャバの泡だと肌に摩擦を与えるリスクも増えますし、全くメリットがないんですよね。

洗顔フォームに余計なものは加えないようにしましょう!

理由⑤:医学的根拠のない誤った使用法だから

最後の理由は、ベビーパウダー洗顔は医学的根拠のない誤った使用法だからです。

そもそもベビーパウダー洗顔は、一般の人が偶然見つけた根拠のない美容法です。

企業が多大な研究費を投資して化粧品の開発を行っているのですから、独自にアレンジするのではなく、企業の言う通り使うのが1番効果があります。

副作用や肌に及ぼすリスクなど、どんな悪影響があるか分からないので、情報の質を見極めるようにしてくださいね!

ベビーパウダー洗顔以外で安全に毛穴ケアをする方法を伝授!

ベビーパウダー洗顔は危険が多く、できれば避けていただきたい美容法です。

ただそうは言っても「今の洗顔じゃ満足できないし、もっと一撃で毛穴ケアできる洗顔フォームはないの?」と、悩んでいる人も多いはず。

そんな方は1度クリーミューを試してみるのがいいんじゃないかなと思います。

これは洗顔とパックをあわせもった商品で、密着濃密泡が汚れを落としつつも、高い保湿力をキープしてくれる優れものなんです。

なので実際にクリーミューを使うと、以下のようなメリットがあります。

  • パックにもなりスキンケアの時短へ
  • 黒ずみを吸着して透明感UP
  • 7種の美容保湿成分で24時間枯らさない

無添加・無着色で、刺激の強い洗顔フォームが苦手な方も安心してお使いただけると思うので、まだ理想の洗顔フォームに出会えていない方は検討してみると良いでしょう♪

毛穴汚れを吸着!クリーミュー公式サイト!

ベビーパウダー洗顔の危険性についてまとめ

この記事のまとめ
  • ベビーパウダー洗顔はパウダーが毛穴に入り込んで危険
  • 美白効果や肌が綺麗に見えるのは一時的
  • ベビーパウダー洗顔はスクラブ効果もなし
  • 医学的根拠がなくリスクの高い美容法
  • クリーミューを使ったクレイ洗顔が毛穴には◎

今回はベビーパウダー洗顔の危険性について、実際に使った人の口コミを紹介しながら見てきました。

こういう怪しい美容法が出てくると「これ簡単そうだし、そんな一瞬で効果出るならやってみる!」こんな風に飛びつく人が出てくるのですが、ちゃんと立ち止まって吟味するようにしましょう。

ベビーパウダー洗顔も今は大丈夫だったとしても、将来どんな悪影響があるか分かりません。

自分の肌質と相談しながら、正しいケアを実践していきましょう!